稽留流産

稽留流産の手術後1日目

手術から2~3日目も相変わらず眠気が強かったです。

負担にならないくらいの簡単な家事をしたり、テレビをみたり、寝たりしてリラックスしながら過ごしました。

当分は心も体も休めることが大切かなっと思ったので、無理はしないように過ごしていました。

腹痛は少しだけあったけど、出血も生理2~3日くらいの量でした。
流産の手術後は、すこし大きくなっていた子宮が元に戻ろうとするので痛くなるみたいです。

たまに、キュ~ンってお腹というか子宮が痛くなる時がありました。
でも、痛み止めが必要になるほどの痛みはなかったです。

軽く残っていたつわりは少しだけ軽くなった気がします。
精神的な面は、相変わらず悲しくなったり落ち込んだりする時もありました。

私は稽留流産が分かって手術の日程が決まった時に、看護師さんからの説明で流産手術後は2~3日は無理をしない方が良いと言われていたので、手術の前日に洗濯と掃除を済ませておきました。

また、4日分くらいのお昼ご飯と夕飯を買って、たくさんの食材を冷蔵庫や冷凍庫にストックしておきました。

食料のストックはとても役に立ちました。
手術後に気持ちが落ち着くまでは誰かと会うのが何となく嫌だったので、コンビニやスーパーへ外出せずに済みました。

気分がふさぎ込みがちになりやすいので、読みたい本を買っておいたり、好きなDVDをレンタルしておいたりするのも良いかもしれないです。
あわせて読みたい
稽留流産の手術後2~3日目手術の翌日は、よく寝たのでスッキリとした気分で目覚めました。 術後2~3日は安静に過ごして下さいと言われていたので、家事と掃除はせ...