子宮外妊娠(異所性妊娠)

子宮外妊娠(卵管切除)の開腹手術後2日目

手術から2日が経って、傷口の痛みはかなり楽になりました。
動かさなければ痛まない感じです。

しかし、腹筋を使う動作や歩くときには痛みます。
一番大変なのは、ベットから起きて立ち上がるときとクシャミや咳です。

私が手術後にはじめて歩いたときは、点滴スタンドに必死に掴まりながら、生まれたての子牛や子馬のようにプルプルと震えながら、通常なら30秒くらいでいける道を5分くらいかけて歩きました。

歩く前までは、傷が痛いし、傷が開きそうで怖いし、点滴や尿道カテーテルをしたままだとどこかにひっかかって取れそうで怖いし、一人でトイレなんて行けるようになる自信はないと思っていたので不安だったのですが、実際に歩いてみると自分が思っていた以上に問題はなく歩けることに自信がつきます。

ベットから起き上がって歩くことに慣れてくると、寝ているよりも起きたり歩いている方が楽なことに気がついて、ベットに座ったり、歩きたくなってきます。

また、歩けると歯を磨いたり顔を洗ったりと出来ることが増えて自由度が増すので、少しずつ好きなことが出来るようになってきます。

夕方近くになってトイレに行けるようになったので、尿道カテーテルを抜いてもらいました。
管を抜くときは違和感はありましたが痛みは全くなかったです。

お風呂はまだ入れないので、タオルで体を拭いてもらっていました。

トイレに行けるようになったので、手術後から着ていた病院の前開きの寝間着からいつも着ているスエットのパジャマに着替えてリラックス。
手術前から着用している着圧ソックスは、シャワーが浴びれるようになるまで脱ぐことはできないみたいです。

術後2日目にして、テレビを見れるまでに回復しました!
病院での楽しみはテレビと食事です。

私が入院していた病院は、食事がとても美味しかったのです。
毎回、ゼリーやフルーツなどのデザートもついているので、ウキウキでした。

あわせて読みたい
子宮外妊娠(卵管切除)の開腹手術後3日目術後3日目にして、遂に頭を洗って貰えました! 入院してからは、温かいタオルで体は拭いてもらえるのですが、頭は洗えてません。 ...