子宮外妊娠(異所性妊娠)

子宮外妊娠(卵管切除)の開腹手術後6日目

今日は傷口を止めているホチキスの抜鈎(ばっこう)です。
それと、血液検査の結果が良ければ明日には退院できます。

朝から気持ちがソワソワ。
なせかというと、傷口のホチキスを取るのが怖いから。

先生や看護師さんに抜鈎(ばっこう)は痛くないかを聞きまくりました。
みんな「痛くないよ」「ちょっとチクチク」っと言ってました。

今まで一度も大きな怪我や病気をしたこともなく、縫合したことも抜糸したこともない私にとって、体に刺さっているいくつものホチキスを麻酔なしで取るなんて恐ろしくて。

でも、抜鈎(ばっこう)しないと退院が出来ないといわれて、退院はしたいから頑張るしかないなっと。

いつもの朝ごはん→ドクター回診→鉄剤の点滴→お昼ご飯→シャワー&ドライヤーのルーチンワークをこなしてから、午後は退院に備えて母に来てもらいました。

私が入院した病院は、保証人に旦那以外のサインが必要なのと、保険証の提出が必要でした。
入院手続きをしないで入院していたので、その手続きも母にしてもらって。

そうそう、お腹がポコッと出ていることや足が太くなっていることを先生に聞いたら、手術して太る人はいないから大丈夫と。そのうち元に戻るといってました。
戻るならいいけど、戻らなかったら…。

でも、手術して6日しか経ってないからダイエットとかする気にならないし。
今は栄養と休養が必要な気がして。

午後になって看護師さんが抜鈎(ばっこう)は明日です。って言いに来てくれて一安心。
しかし、夕方になって先生と看護師さんに呼ばれて内診室にいったら、子宮の状態を確認してから、なぜか抜鈎(ばっこう)することに。

先生が勝手に進めようとしたから、「ちょっと待って待って」と大慌て。
だって、気持ちの整理がついてないし、心構えも出来ていないし。

でも、お構いなしに先生は進めていて一つ目を取られたときに引っ張られる感じがしたけど、全然痛みを感じなかった。
そんなに騒ぐ必要もなかったみたい。
でも、場所によってはちょっと痛かった。

インターネットに書かれているみたいに毛抜きで鼻毛とか足の指毛とかを抜いたときみたいな痛さです。

結局、血液検査は良好で抜鈎(ばっこう)も無事に終わったので、明日には退院できることになりました!!

夕方に看護師さんが退院後の生活についての説明に来てくれました。

住み慣れた我が家に帰れることがすごく嬉しかったです。

あわせて読みたい
子宮外妊娠入院・開腹手術後の退院の日(手術後7日目)お天気もよく、体調もよく、無事に退院できる日がやってきました。 1週間前の救急車で運ばれて緊急手術で命の危険もあった日を思い出す...