お知らせ

妊活前の風疹検査で赤ちゃんの障害を防ぐ!

妊婦さんが風疹になると赤ちゃんに障害がでる場合が…

ここ数年で首都圏の成人男性を中心に風疹の流行していて、風疹患者数は昨年の10倍超との言われています。

この風疹ですが、妊娠初期の妊婦さんが罹ってしまうとお腹の中の胎児が風疹ウイルスに感染してしまい、白内障、難聴、心疾患などの障害(先天性風疹症候群)を持った赤ちゃんがうまれる可能性があるのです。

赤ちゃんの障害の中でも、私たちが妊娠をする前に風疹の正しい知識と対処方法を知っていれば、唯一防ぐことができる障害なので、抗体を持っているか不安な方は、妊活を始める前に必ず検査を受けてみてください。

過去に風疹の予防接種を受けた方や、過去に風疹にかかったことがある方は、抗体を持っているのでほとんどの場合は気にすることはないみたいなのですが、予防接種も受けていなくて風疹にかかったことがない方は抗体を持っていないので、近くに風疹の方がいるとうつってしまいます。

また、過去に予防接種を受けたり、風疹に罹ったことがある人でも、まれに抗体が低くなってしまっている方もいるみたいなので、一度風疹の抗体検査をしておくと妊娠した時には安心です。

風しんワクチン接種状況チェック!

生年月日など ワクチン接種の状況
昭和37年4月1日以前生まれの男女 定期接種が行われていませんでしたが、大半の人が自然に風しんに感染することで免疫があります。
昭和37年4月2日~
昭和54年4月1日以前生まれの男性
中学生の時に女性のみを対象として、学校で集団接種が行われていたため、自然に風しんに感染する機会が減少しましたが、男性は定期接種制度が行われていないので、風しんの免疫がない人が多い世代です。
昭和54年4月2日~
昭和62年10月1日生まれの男女
男女とも中学生の時に予防接種を受ける対象になっていましたが、中学生のときに個別に医療機関で予防接種を受ける制度であったため、接種率が低く、風しんの免疫がない人が多い世代です。
昭和62年10月2日~
平成2年4月1日生まれの男女
男女とも幼児のときに予防接種を受ける対象となり接種率は比較的高いのですが、自然に風しんに感染する機会がさらに減少したため、接種を受けていない人には風しんの免疫がない人が比較的多い世代です。

※厚生労働省サイト「風しんの感染予防の普及・啓発事業」より引用

予防接種は2回受けても大丈夫みたいです!

風疹の感染または過去の風疹の予防接種によってすでに免疫を持っている方が再度接種を受けても、特別な副反応がおこるなどの問題はありません。
そのような方の場合、予防接種を行うことで風疹に対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあります。

風疹ワクチンの効果は1回接種で約95%、2回接種で約99%のため、現在は、非妊娠期に2回のワクチンを接種することが奨められています。
妊婦が風疹の予防接種を受けることはできません。

※国立感染症研究所サイト「風しんQ&A」より引用

私も妊活を始める前に夫婦で病院に行って、風疹の抗体検査をしました。
血液検査で抗体を持っているかどうかが分かります。
もし抗体を持っていない場合は、風疹ワクチンの予防接種を受けるだけなので、とても簡単です。
ただ、妊娠中は予防接種を受けることが出来ないこと、予防接種を受けると2ヵ月間は子作りは禁止なので、早めに済ませておくのがおすすめです。
妊活・不妊・不育に関する体験談を募集しています!

私も過去に流産や子宮外妊娠を経験したことがありますが、その時に他の方の体験談であったり、入院・手術などの情報を毎日のようにインターネットで探していました。
そして同じ経験をした方の体験談やブログを読むことで、「辛い思いをしているのは私だけではないんだ!」っととても救われました。

もし今このページを見てくださっている方で、ご自分の体験談を書くことで少しでも気持ちが整理されてスッキリとされるようでしたたら、是非同じような経験をされている方のために、投稿して頂けますと嬉しいです。

体験談を投稿する

RELATED POST
妊活に役立つ豆知識

自宅で簡単にできる精液(精子)検査キット!スマホでできるタイプも!

2018年8月9日
妊活・不妊・不育応援サイト こうのとり
不妊などの調べていたら、なんと自宅で精液検査が出来るキットを発見しました! 最近は色々なことが自宅にいながら出来たり、郵送で済んだりするの …
不妊症を知る

不妊の病院へ行くタイミングで悩んでいる方へ

2018年10月9日
妊活・不妊・不育応援サイト こうのとり
自分が不妊症なのかどうかを判断するのは難しいですよね。 また、どのタイミングで不妊の病院へ行くかも決めるのが難しいと思います。 実際、私も34歳から妊活を始めてから焦り …