妊活に役立つ豆知識

生理予定日から検査ができる妊娠検査薬「チェックワンファースト」

チェックワンファーストとは、生理予定日から検査ができる妊娠検査薬です。
薬局で販売しているのですが、最近では店頭には並んでいないので「調剤薬局」の窓口で購入できます。

通常の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から検査ができるのですが、チェックワンファーストは早い段階での妊娠しているかどうかの検査ができます。

私は、チェックワンファーストは使わない派です。

何故かというと、生理予定日に妊娠していても化学流産の可能性が高いからです。
化学流産とは、受精して着床したけれども胎嚢確認前に生理になってしまう事です。

不育症の治療で有名な杉ウィメンズクリニックの先生もホームページでご指摘している通り、健康な男女が排卵日に子作りをすると全妊娠の31%が流産となり、その流産の中の41%は、尿検査で陽性が出ただけの化学流産だったというアメリカの論文に記載されているとの事です。

さらに、他の雑誌や書籍で調べてみても健康な男女が排卵日に子作りをすると80%は受精して、その中で着床まで進むのは、50%くらいと記載されている場合が多いです。しかし、着床しても正常に妊娠が継続するのは20%くらいとなっています。

つまり、受精して着床をしてもその後、正常に妊娠が継続するのは20%前後という事です。
着床してすぐに妊娠が継続しなかった場合は、通常の生理となって終わります。良く言われる化学流産です。

妊娠検査薬は、hCG(human Chorionic Gonadotropin: ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンに反応すると陽性になります。
hCGホルモンは受精卵が着床すると、生理予定日くらいから少しずつ分泌されます。

生理予定日1週間後から使用できる通常の妊娠検査薬は、ホルモンの分泌量が50IU/Lで反応するように出来ているのですが、生理予定日から使用できるチェックワンファーストは、25IU/Lから反応するというとても感度が高いものです。

ですので、チェックワンフォーストで生理予定日に妊娠検査をしてしまうと、陽性が出たけれどもその後、生理が来てしまったという現象が増えるのです。

妊娠検査薬が陽性になったから妊娠したのに、流産してしまったと思われるかもしれませんが、胎嚢確認前の流産は化学流産になります。

私はチェックワンファーストを使用すると化学流産の場合も陽性で妊娠判定が出てしまうので、一度妊娠したと思って喜んだら生理が来てしまって残念という思いをしたくないので、あまり使用していないです。

でも、フライング検査と言われる生理予定日前に妊娠検査薬を試してみたりする方の気持ちは分かります。

また、風邪薬を飲みたい時や妊娠したらお酒やタバコを止めないとと思っている方にとっては、フライング検査やチェックワンファーストを使用するのは良いことだと思っています。

ただし、化学流産の場合も反応してしまうのでそこの部分を理解した上で使用するのが良いかと思います。
また、生理予定日前のフライング検査や生理予定日のチェックワンファーストで陽性反応が出ても、胎嚢確認前に生理になった場合は流産ではなく、化学流産であるという事を知っていた方が良いかと思います。

あわせて読みたい
妊娠超初期のフライング検査と化学流産について化学流産とは、妊娠検査薬で反応したけれども胎嚢確認前に生理がきてしまうことを言います。 流産という名前がつくので、大変な出来事のよ...

ネットで購入できる妊娠検査薬

created by Rinker
ドゥーテスト
¥580
(2020/09/30 12:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アラクス
¥640
(2020/09/30 12:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ミズホメディー
¥711
(2020/09/30 12:52:17時点 Amazon調べ-詳細)

妊活・不妊・不育に関する体験談を募集しています!

私も過去に流産や子宮外妊娠を経験したことがありますが、その時に他の方の体験談であったり、入院・手術などの情報を毎日のようにインターネットで探していました。
そして同じ経験をした方の体験談やブログを読むことで、「辛い思いをしているのは私だけではないんだ!」っととても救われました。

もし今このページを見てくださっている方で、ご自分の体験談を書くことで少しでも気持ちが整理されてスッキリとされるようでしたたら、是非同じような経験をされている方のために、投稿して頂けますと嬉しいです。

体験談を投稿する