子宝神社・パワースポット

鎌倉の子宝スポット・大巧寺 江ノ電 鎌倉駅から徒歩3分!

子宝祈願した神社

大巧寺
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-9-28
http://onmesama.ec-net.jp

子宝祈願のきっかけ

現在、30代の主婦です。
結婚して2年目に入りましたが、まだ妊娠する気配が見られません。

努力でなんとかなるというものではないので、前を向いてできることをしようと思いながら妊活をしています。

私の場合はPCOSという症状が見られるので、産婦人科の先生からも「忍耐が必要です」と言われています。

焦らずにいたいのですが、なかなかそう思えない時ありますよね。

気分転換に、先日鎌倉へ主人と一緒に行ってきました。
鎌倉へは時折来ているのですが、いつでも人が多くて驚いてしまいます。

定番の鶴岡八幡宮などを巡った後、駅方向へバスで向かいました。
もうすぐ駅と言うところで、バスの中から「安産」という文字が見えました。

ちょっと気になるから、と言って主人と一緒に訪れてみたのが「大巧寺」でした。
地元の人は知っている方も多いかと思います。

鎌倉おんめさまという名前で親しまれている場所だそうです。
「おんめさま」という言葉は「お産女(うぶめ)さま」から来ているそうです。

全国各地からこちらを目的に鎌倉へ訪れる人もいるのだそうです。

場所は鎌倉駅東口から、歩いて5分もかからないところにあります。
「安産・子育」という文字が刻まれた石碑が経っているので、すぐにわかるかなと思います。

安産と子授け御守

駅方面から歩いて行くと、ちょっとした庭園を楽しむことができます。
細い道なので、行き違いが少し難しいところもあるのですが、色とりどりの植物に囲まれて、小京都を感じる場所でもあります。

こちらの庭園を楽しむだけでも訪れてはいかがでしょうか?

細い道を曲がりくねりながら進むと、本堂が見えます。

こちらはお守りなど気軽に買えるようにはなっていません。
社務所の中で販売しているようです。

「安産守り」を求めに来る方が多いようですが、「子授け御守」もあります。

ただし、こちらは電話で予約してからの購入になるそうです。
HPを見ると結婚3年以上という条件が記載されているので、年数が満たない場合は電話で確認してみてもいいかもしれませんね。

料金は5000円とのことです。
いただけるお守りはお札の形をしているそうです。

訪れた時、そういったお守り、お札が置いてあるとは思わず、参拝だけして帰ってきてしまいました。

ちょっともったいなかったですね。
他にも、「虫封じ御札」もあるそうです。

また子供が生まれた時には「名付け・命名」も行ってもらえるそうです。
生まれる前から生まれた後まで「大巧寺」で見守ってもらえるということですね。

なんだか強い味方ができたような気持ちです。

混雑するのは毎月、戌の日や大安の休日

混雑するのは毎月、戌の日や大安の休日だそうです。

その時は、安産腹帯守をいただくために、多くの人が午前中からお昼過ぎくらいまで訪れるそうです。

観光ついでに訪れる場合は、日程も気を付けた方がよさそうです。

私たちが訪れた時は比較的空いていましたが、一人やってきてはまた一人来るというような印象がありました。

駐車場も12台分停められるスペースがあります。

駅とは反対方向にあるので、庭園を通らず、ショートカットで本堂へ行くことができます。

訪れている人の多くは女性同士という印象でした。
お母さんと一緒の妊婦さんや、友人同士で来ている方も多くいました。

鎌倉には他にも子宝スポットがたくさんあるようなので、今度は子宝スポット巡りを目的に観光して観ようかなと思いました。

時折、リセットされると悲しい気持ちでいっぱいになり、前を向くということができなくなります。

自分の体が悪いのかもしれない、もっと早く結婚していれば。
などと考えてしまうこともあります。

たまには普段とは違う場所を訪れて、違う空気を吸ってみてはいかがでしょうか?
私も、自分の気持ちが整理できない時、主人と一緒に少し遠出します。

思い詰めず、楽しむことを忘れないでくださいね。

妊活・不妊・不育に関する体験談を募集しています!

私も過去に流産や子宮外妊娠を経験したことがありますが、その時に他の方の体験談であったり、入院・手術などの情報を毎日のようにインターネットで探していました。
そして同じ経験をした方の体験談やブログを読むことで、「辛い思いをしているのは私だけではないんだ!」っととても救われました。

もし今このページを見てくださっている方で、ご自分の体験談を書くことで少しでも気持ちが整理されてスッキリとされるようでしたたら、是非同じような経験をされている方のために、投稿して頂けますと嬉しいです。

体験談を投稿する