子宝神社・パワースポット

亀ヶ池八幡宮で子宝に恵まれました

子宝祈願した神社

亀ヶ池八幡宮
〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝1678
スポットのURL  http://www.kamegaike.jp

子宝祈願のきっかけ

私は、神奈川県相模原市の亀ヶ池八幡宮へお参りして子宝に恵まれました。

子宝の神様としては有名ではありませんが、心から神様を信じて願うことで望みを叶えてもらえました。

亀ヶ池八幡宮を訪れたときの私は、頑張っても叶わない願いがあることに気が付き、自力では変えられない運命があることを知り絶望していました。

そんな一瞬でも気を緩めたら涙が溢れそうな日々送っていたある日、ふと亀ヶ池八幡宮へ行こうと思ったのです。
子宝の神様という意識はありませんでしたが、当時住んでいたアパートから徒歩5分で行ける神社でした。

母親になりたいという一心で鳥居をくぐりました。
当時の私は初めての妊娠で流産してしまい、より妊娠願望が強まっていました。

姑からは孫を期待する電話が頻繁にかかり、親戚には出産ラッシュが押し寄せており、私よりも後に結婚した女性が次々と母親になっていくのが羨ましい毎日を送っていました。

1日でも早く妊娠できるように食事や生活スタイルを改善しても、子宝に恵まれる温泉へ入っても毎月1回地獄へ落とされていました。

自分の何がいけないのか、なぜ私は母親になれないのかと悩み苦しむ日々でした。

しだいに妊婦さんや赤ちゃんを見るのが辛くなり、妊娠を待ちわびるワクワクする気持ちは消えていました。

そのような状況のなか、藁尾もすがる思いでたどり着いたのが亀ヶ池八幡宮です。

子安社があり、子授け・子宝・安産の神様

亀ヶ池八幡宮は本殿の他にも様々な神様が祀られています。

手水舎で身を清め、七福神をめぐります。

御神門の手前には子安社があり、子授け・子宝・安産の神様です。

隣の淡島神社は、水子慰霊の神様でもあるので、私は必ずお参りします。

大鳥居をくぐり参道を進むと、夫婦銀杏と呼ばれる2本の大きなイチョウの木が寄り添うように参道を挟んでいます。

昔から縁結びのご利益で浸しまれ、子宝のご利益もあるそうです。

秋の日差しを受け黄金色に輝くイチョウの木の下をあるくと自然と気分が前向きになります。

生命力に満ちた御神木の後利益を戴こうと銀杏拾いをする参拝客も多くいます。

そっと御神木へ触れ感じる大樹のぬくもりにより、誰にも褒められずに頑張りつ続け、張り詰めている気持ちが和らいでいくのが分かります。

午前中に本殿で参拝していると、後ろから日が差し神様の優しさに包まれているように思えます。

太陽光に身体の芯から温められることで、冷え性の私も妊娠しやすい身体に改善されてるような気持ちになり、妊娠できるかどうかという不安や、次も流産してしまったらという不安が和らぎます。

そのため、妊活中に重要と言われても中々難しい「リラックス」が出来るようになりました。

100円のおみくじがおすすめ

亀ヶ池八幡宮は、お宮参りに訪れる家族も多いのです。

大安の日は特に多いような気がしますが、直接受付へ行く方が多いので赤ちゃん連れの幸せそうな家族を見るのが辛い時でも、子安社だけの参拝なら顔を合わせることも少ないです。

私は、家が近かったので亀ヶ池八幡宮の子安社へ毎日のように通い7ヶ月目に妊娠できました。

通うのが無理な遠方の方は絵馬を書く方法もあります。

亀ヶ池八幡宮には、100円のおみくじがあります。

「自分は今、何をしたらいいのか」などと神様に問いかけながら引くとスッキリ解消される言葉が書かれていることが多いです。

私は、お守りの代わりにしていました。

そして、自信が無くなった時に読み返し妊活を似り切りました。

最寄駅からは徒歩15分かかりますが、近くにバス停もあります。
敷地内には無料の駐車場があります。

初詣は大変混雑し、子安社へ落ち着いて参拝するのは難しい状況になると思います。

大きなイベントが無い時には、ゆったりと自然の風を感じながら参拝することが出来るので、妊活中の気分転換にもオススメです。

妊活・不妊・不育に関する体験談を募集しています!

私も過去に流産や子宮外妊娠を経験したことがありますが、その時に他の方の体験談であったり、入院・手術などの情報を毎日のようにインターネットで探していました。
そして同じ経験をした方の体験談やブログを読むことで、「辛い思いをしているのは私だけではないんだ!」っととても救われました。

もし今このページを見てくださっている方で、ご自分の体験談を書くことで少しでも気持ちが整理されてスッキリとされるようでしたたら、是非同じような経験をされている方のために、投稿して頂けますと嬉しいです。

体験談を投稿する