不育の病院

新横浜の杉ウィメンズクリニックでの不育症検査結果

先日受けた不育症の検査結果を聞きに、杉ウィメンズクリニックさんに行ってきました。

相変わらず待ち時間は短くて、杉先生は物腰柔らかでお話しやすかったです。

血液検査

まず、血液検査ですが全ての項目に異常なしでした。
不育症の検査結果を待っている間に前回流産したの時の染色体分析検査の結果が出て、22トリソミーによる染色体異常とはっきりしていたので、不育症の検査にはひっかからないだろうと思って検査結果を聞きに来たので、「やっぱり、何もなかったんだ。良かった。」と心の中で思いました。

不育症の血液検査結果

不育症 血液検査結果

血小板凝集能検査

しかし、次に説明された血小板凝集能検査結果が強陽性で引っかかってしまいました。

検査結果を出された瞬間は、表の見方などが分からないので良いのか悪いのか分からなかったのですが、先生が説明をしてくださり、非常に血液が固まりやすくて良くないとの事です。

血液の流れが良くない場合は、妊娠には不利みたいです。また、血液が固まりやすいので血栓ができやすく心筋梗塞や脳卒中、エコノミー症候群になりやすいので気を付けた方が良いとの事でした。

不育の検査をして、自分の将来の病気の可能性を発見することが出来たことに驚きです。

杉先生が何度も「原因が分からない。」とおっしゃってました。通常なら、血小板凝集能検査結果が悪いと血液検査の何かの項目がひっかかるらしいのですが、私は血液検査で問題がないため、何が原因で血小板凝集能の数値が高くなってしまっているのか分からないみたいです。

原因不明と言われた事で、ちょっと不安になりましたが、医療とか医学ってそんなものです。まだまだ人間の生体や仕組みは解明されていない部分も多いので、あまり深く考えるのをやめました。人間の体の全ての事が分かるなら、不妊や不育自体が存在しないですもんね。

不育症の血小板凝集能検査結果

不育症 血小板凝集能 検査結果

低用量アスピリン療法

血小板凝集能検査の数値が良くない原因はわからないのですが、とにかく、このままだと妊娠した時に良くないらしいので、血液をサラサラにした方がよいとの事で、アスピリンを飲むことになりました。

排卵したら1週間後から服用して、生理が来たら中止。
高温期が続いた場合や妊娠した場合は35週くらいまで服用してくださいと言われました。

低用量アスピリン療法というらしいのですが、現在の日本では妊娠28週までしか服用が認められていないみたいです(2015年現在)。
さらに、産科医によっては妊娠中にアスピリンを服用することを反対する場合もあるみたいです。
でも、アメリカでは35~6週まで服用するのが一般的で安全性は確認できているとのことです。

私個人的な意見としては、低用量アスピリン療法で無事に出産をされている方が多いのと、不育症が日本ではあまり知られていないので研究や治療が進んでいない、さらに日本は薬に対してとても慎重なので認可や許可が出にくいという点から考えて、次に妊娠したら35週までアスピリンを服用しようと思います。

杉先生の最先端の不育症の治療と研究を信頼して、さらに医療が進んでいるアメリカの実績を信用して、35週までの低用量アスピリン療法を取り入れて、頑張りたいと思います。

あわせて読みたい
新横浜の杉ウィメンズクリニックで2度目の血小板凝集能検査結果1年前に稽留流産を経験し、その際に新横浜の杉ウィメンズクリニックで不育症の検査をして、血小板凝集能検査結果の数値が悪くて低用量アスピリン...
あわせて読みたい
杉ウイメンズクリニックの院長が著者の本「不育症学級」毎月開催している患者さん向け説明会“不育症学級"を書籍化 不育症診療の第一人者 杉ウイメンズクリニック不育症研究所の院長である杉先生が書...
妊活・不妊・不育に関する体験談を募集しています!

私も過去に流産や子宮外妊娠を経験したことがありますが、その時に他の方の体験談であったり、入院・手術などの情報を毎日のようにインターネットで探していました。
そして同じ経験をした方の体験談やブログを読むことで、「辛い思いをしているのは私だけではないんだ!」っととても救われました。

もし今このページを見てくださっている方で、ご自分の体験談を書くことで少しでも気持ちが整理されてスッキリとされるようでしたたら、是非同じような経験をされている方のために、投稿して頂けますと嬉しいです。

体験談を投稿する